バストアップをしたいなら、自分の正しいバストサイズを測り、正しいサイズのブラを着用することは基本です。

バストサイズは日々、変化するものです。ですから、自分でバストサイズを簡単に測る方法をマスターしておくことは大切です。

ではどのように簡単に測ることができるでしょうか?

バストサイズの簡単で正しい測り方とは?

バストサイズを測る位置は基本、トップとアンダーです。

トップは乳頭のある位置で乳房がいちばん膨らんでいる場所です。バストが大きい型や垂れている方はバストをしっかり持ち上げた状態で測りましょう。またアンダーは、乳房のふくらみのすぐ下の位置です。

できるだけ素肌に近い状態で測るようにしましょう。またサイズを測る際には、足を閉じて背筋を伸ばし、力を抜いた状態でまっすぐに立った姿勢で行いましょう。そして、メジャーは床に対して水平にし、ピンと張る程度の締め具合で測るのがポイントです。

トップの測り方とは?

上記でバストサイズの簡単な測り方をみましたが、実はトップの測り方には2種類あります。それは上記ですでにみた素肌に近い状態で測ることと、ブラジャーをつけたまま測る方法です。

特に下着屋さんなどの店頭で販売員に測ってもらうとき、ブラジャーをつけたままの状態で測ることがほとんどです。その際にはパッドを外した状態で測るのが基本です。パッドが外れていれば、トップの位置を正確に出すことができます。

まっすぐに立った状態で背面から前にメジャーを水平に引いて、あまりきつく締めつけ過ぎないように測りましょう。メジャーがバストに食い込んでしまうとカップサイズが下がってしまうので、ふんわりやさしく測るのがコツです。

アンダーの測り方とは?

アンダーは細く測りたい!と思われる方がほとんどでしょう。バストの下を測るので、ブラジャーを外してバストを持ち上げた状態で測ることで正確なサイズを確認できるでしょう。

息を吸い込んだ状態だとアンダーは広がります。一方、息を吐き過ぎた状態で測るとアンダーが狭くなってしまいます。ですから、自然体を心がけ測るようにしましょう。

トップとアンダーが測れたら、その差がどれくらいあるか計算し、カップを出します。カップは2.5㎝刻みとなっていますので、より近い数値のカップを選ぶようにし微調整はパッドで行いましょう。

正しいサイズのブラジャーを選ぶことがバストアップにつながります。是非、自分の身体にピッタリあったブラジャーを選びましょう。