ナイトブラに関するコラム

バストアップに最適な栄養成分

バストアップしたいなら、食事で胸を育てる栄養素を意識的に摂取することももとても大切です。バストアップに必要な栄養素はたくさんありますが、その中でも「イソフラボン」「ボロン」「たんぱく質」の3つは欠かすことができない栄養成分です。

どのような役割があるのか詳しくみてみましょう。

バストアップに最適な栄養成分その①イソフラボン

胸は90%の脂肪と10%の乳腺組織で構造されているので、バストアップさせるためには乳腺を発達させ脂肪をつけることが大切です。

そこで必要になってくるのが女性ホルモンのエストロゲンという物質です。この物質は乳腺を刺激する作用があり、刺激により乳腺は増殖します。

このエストロゲンは、イソフラボンに良く似ていると言われています。イソフラボンは植物性エストロゲンとも呼ばれ、乳腺細胞を増やすことができます。

特に大豆製品に多くのイソフラボンが含まれているので、積極的に摂取すればバストアップにつながります。それには豆腐、豆乳、納豆、味噌などが含まれます。

バストアップに最適な栄養成分②ボロン

ボロンとは、”ホウ素”というミネラル成分のひとつです。もともと人間の体の中にある成分のひとつですが、野菜や果物にも豊富に含まれています。

ボロンは女性ホルモン・エストロゲンを増加させる働きがあり、体内にボロンを摂取するとエストロゲンの濃度が2倍になることが近年の研究で報告されています。

つまり、ボロンを積極的に摂取すれば、バストアップしやすい環境を作れるということです。ボロンは特にキャベツに多く含まれています。

しかし、加熱してしまうと成分が壊れてしまうので、生のまま食べる必要があります。またりんごやピーナツ、わかめやとろろ昆布などの海藻類などにも多く含まれています。

バストアップに最適な栄養成分③たんぱく質

三大要素のひとつであるたんぱく質には、ホルモン分泌を促進させる作用もあります。つまり、たんぱく質を摂取すれば、女性ホルモンの分泌を促せます。

たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2種類があるので、両方をバランスよく摂取するようにしましょう。

また、過剰摂取すると腸内の悪玉菌が増えて便秘を引き起こしたり、尿路結石の原因となるので摂取量にはくれぐれも注意しましょう。

たんぱく質が多く含まれている食材の代表として鶏肉、マグロ、チーズ、たまご、ヨーグルト、アーモンドなどがあります。

 

【ナイトブラと組み合わせたい人気バストケアグッズをご紹介!】

塗るだけでバストが大きくなる!?バストアップクリーム

黒くなった乳首もピンク色に・・・