女性ならだれもが美しいバストを手にしたい!と願うものです。しかし、バストの形や大きさは個人差があるので、理想の美乳を手にするためにはその悩みを解決するエクササイズをする必要があります。

では、育乳に効果があるエクササイズをみてみましょう。

ボリュームアップに欠かせない大胸筋を鍛えるエクササイズ!

年齢を重ねるにつれ、バスト上部のデコルテにボリュームが少しづつなくなり、垂れさがっていきます。しかし、バストの基礎ともいえる大胸筋をしっかり鍛えればバストアップにつながります。

ではどのようにエクササイズできるでしょうか?まず大き目のバランボールを用意しましょう。

両膝を床につけて、手のひらをボールにつけ肘を曲げます。その態勢のまま腕全体をボールの上に乗せます。足を動かさないで腕全体に体重を乗せ、ボールを床に押し付けながら少しづつ前進していきます。

両腕を前にしっかり伸ばした状態にすると、背中が完全にまっすぐになります。この伸び切った状態から、少しづつ腕を元の状態に深呼吸しながら戻すセットを5回行いましょう。大胸筋を強く鍛えることができます。

バストの脇肉を引き締めるエクササイズ!

バストのお肉が背中や脇に流れてしまっても、バランスボールを使ってエクササイズすればバストアップにつながります。

まず両腕を床につけ、肩幅くらいに広げます。その後、腕を伸ばしたまま手のひらをボールにつけ、腕たせ伏せをするようなイメージで肘をまげて体重を腕にかけます。

つま先は膝から90度くらいの位置に上げましょう。つま先を上げたままの状態で腕をゆっくり伸ばし、上半身を持ち上げるセットを5回行いましょう。そうすることで脇肉を引き締められます。

自宅で簡単にできる育乳エクササイズ!

最後に毎日5分行うだけでバストアップを期待できる育乳エクササイズをご紹介しましょう。

まず下腹部からバストのアンダーラインまでのお肉をバストへと引き上げましょう。続いて背中からワキまでのお肉をしっかりほぐし、お肉のコリをほぐような感じで柔らかくしていきます。その後、腹の鋤骨と鋤骨の間に第二関節を入れて、さすり詰まりをとり前側にスライドさせます。

そして、外側に流れているバストを掴んでそのまま中央に寄3秒間キープします。最後にデコルテの詰まりをとるために鎖骨下の外側から中央に向けて胸骨のコリをほぐすようにリンパを流していきます。

お風呂上りに毎日行えば、弾力のある美しいバストを手にすることが可能です。