ナイトブラはバストアップ効果だけでなく、美乳をキープするためにも着用を欠かせません。

では、妊娠中や産後の授乳中はナイトブラを着けても大丈夫なのでしょうか?

産後にバストが垂れるのはどうして?

妊娠中や出産後の女性のからだは、大きく変化します。特に妊娠中からバストは次第に大きくなりはじめます。個人差もありますが人によっては2カップもサイズアップする方も中にはいます。

これは出産のためのからだの変化であって、バストが美容的にアップしたのではありません。ですから、産後の授乳期間を過ぎると、バストは元の大きさに戻ってしまいます。しかし、一時的に胸が大きくなったバスト表面の皮膚は伸びてしまい垂れたように感じます。

またバストを支えるクーパー靭帯も伸び切ったままで元の状態には戻りません。このような理由から産後はバストが垂れ下がってしまうのです。

授乳中にナイトブラは着けてもOK!

出産や授乳中に崩れがちなバストの形を少しでも崩さないためには、妊娠中からバストケアすることがとても大切です。

バストケアのひとつの方法として、からだに合ったナイトブラを着用することがあります。特に就寝中にバストの形状をサポートするナイトブラは、美乳をキープするために欠かせないアイテムと言えるでしょう。

ナイトブラと聞くと締めつけのある矯正ブラのようなイメージを持つ方も中にはいるかもしれません。しかし、ナイトブラは寝る時のことを考えて構造されているブラなのでワイヤレスでノンホックの快適な付け心地となっています。

授乳中におススメのナイトブラ!

ナイトブラはバストアップ機能もありますがそれに加え、寝ている時に胸が背中や脇などに横流れすることを予防する目的もあります。

特に妊娠中から授乳期にかけては胸が張りやすく、サイズも大きくなっています。そのためバストの横流れにより寝返りがつらく感じる方も少なくありません。

バストの横流れは授乳ブラや普通のブラではサポートが弱いため防ぐことができません。しかし、ナイトブラなら就寝時のバストをサポートすることが目的として作られていますのでバストをしっかりケアすることが可能となっています。妊娠中はバストサイズが変化するので、大きくなったサイズに合わせてナイトブラを選ぶようにしましょう。

また、たくさんの種類が販売されていますので、購入前に機能をしっかりチェックすることをおススメします。