ナイトブラが欲しいけどメーカーによって1個数千円以上はするし、それを何個か買うなんてとてもじゃないけどそんな余裕がないと諦めている人はいませんか。ナイトブラは通常のブラジャーとは違い、寝ている間に付けているだけで脇や背中についた余計な脂肪を集めてバストアップさせてくれる効果や、垂れてしまったバストを整えるなど、バストについてお悩みがある人にとって必需品とも言えるのではないでしょうか。そんなナイトブラを買うのではなく自分で手作りすることができないのか気になりますよね。ナイトブラが手作りできるのかどうかについて調べてみました。また意外と知らない通常のブラジャーとナイトブラの違いについても一度見直してみましょう。

ナイトブラの構造って?


そもそも通常のブラジャーとナイトブラにはどんな違いがあるのか気になりませんか?もちろんナイトブラは夜寝る時に使うもので、通常のブラジャーは日中に使うものなので使い方から見ても大きな違いがあります。実は一見同じように見える通常のブラジャーとナイトブラには実は大きな違いがあるのです。その違いについて比較していきましょう。

通常のブラジャー


ブラジャーの場合はスポーツブラのようにかぶるタイプのものもあれば、ワイヤーがついていてホック付きのものなどデザインや形の種類がとにかく豊富です。ストラップ調整機能が付いていてカップの種類は浅いものや深めで大きなものなどブラジャーの種類によっても変わります。自分の好みのデザインを選んだり、特別な日用のブラジャーなど持っている人も多いでしょう。ただし通常のブラジャーは締めつけ感もあるので、ナイトブラのように夜寝る時に付けたまま寝ることはまずありません。必ず外して寝るのが一般的です。

ナイトブラ


ノンワイヤーでスポーツブラのように上からかぶって付けるタイプが大半になります。
肩がストラップレスになっていること、ストラップの幅が広く、ブラジャーのような調整機能は付いていません。バスト全体を覆うようなカップのものが多く、余計な締めつけ感がないこと、皮膚を覆っている面積が多い分、安定していて着心地も抜群です。ナイトブラはシンプルなものからラグジュアリーなデザインのものまで近頃は種類が増えています。機能性のブラジャーなので、おしゃれさには少し欠けるかもしれません。

このように簡単に比較してもわかるように通常のブラジャーとナイトブラは全く構造が違います。見た目からしても違いは一目瞭然ですよね。ではナイトブラは手作りできるのでしょうか。

ナイトブラは手作りできる?


ナイトブラを手作りするのは“なかなか難しい”と言えるでしょう。そもそもブラジャーを作るためには型紙が必要ですし、ブラジャーの縫い方やパーツ構成など素人がみてすぐにわかるものではありません。例えばナイトブラを一度解体してその作り方を見て真似することはできますが、それが同じ効果を得られるものかどうかは確証がありません

既存のブラジャーに一手間加えてナイトブラにできないか?と考える人もいるかもしれません。そもそもブラジャーとナイトブラの構造が違うので、普通のブラジャーに手を加えたところでナイトブラにはなりません。ナイトブラを洗濯していて在庫がない!なんて時は無理にブラジャーを付けて寝るよりもなにもつけないで寝るほうがバストの為にもなります。

ナイトブラには通常のブラジャーとは違う効果が!


ナイトブラは通常のブラジャーにはないバストへの効果もあります。

ナイトブラは寝ている間のバストが動かないように固定してバストの垂れや横流れを防止する働きがあります。それに対して通常のブラジャーは日中の動きでバストが動かないように固定してバストの垂れや横流れを防止する効果があります。通常のブラジャーには意外にも姿勢を正す効果もあるのだとか。

通常のブラジャーの中に入っているワイヤーも身体が起きている日中だと位置が安定するのですが、寝ている状態だとずれやすくなってしまいます。さらに締めつけ感がある分、バスト周辺の血流が悪くなりリンパの流れやバストの成長にも大きな影響を与えてしまうと言われています

では近頃ユニ○ロなどで売っているノンワイヤーブラをナイトブラにすることはできるのでしょうか。確かに通常のワイヤー付きブラジャーよりは締めつけ感が弱いのですが、適度な締めつけ感は残っているのでリンパや血流の流れを悪くしてしまうこと、ホックがあたって痛いと感じること、睡眠時にバストを整えるには適さないといえるでしょう。

またスポーツブラの場合は締め付け感がなくストラップレスやホックなしのものが多いのでナイトブラに一番近いものになるかもしれません。ですが伸縮性が強く、長時間つけていると肩こりの原因となってしまうことがあります。

そもそもどのメーカーでも何度も実験を重ねて、バストアップに最適なものを商品として販売していますので、ちょっとした作りの違いでもナイトブラを作るのは難しくなってしまうのです。それぞれ「専用」で作られているのにはわけがありますので正しい使い方を守ってブラジャーやナイトブラを使い分けるようにしましょう。

ナイトブラのような谷間をブラジャーで作る方法


ちなみにナイトブラのような谷間をブラジャーで作る方法はあります。

近頃ネットで話題になっているのですがブラジャーの谷間の部分を左右合わせて3cm程縫い付けるだけで、今までは全く谷間がなかった人でも簡単にボリューム感のある谷間を作ることができます。見る角度によっては目立つ場所になるのでブラジャーと同じ糸を使って縫ったのが目立たないようにしましょう。

谷間がどうしても欲しい時に近頃は通常のブラジャーにこの一手間を加えて作る人も多いようです。ただし一時的なバストアップにしか過ぎませんので、ナイトブラと同様の効果が得られるものではないのです。どうしても谷間を作りたい人は試してみてくださいね。驚くほどのバストのボリューム感を出すことができますよ。

バストのことを考えるならナイトブラを使おう


確かに通常のブラジャーとしては使えませんし、ナイトブラとして購入するのがなんだかもったいないと感じてしまうこともありますよね。ナイトブラは決して安いものではありませんし、夜だけならブラジャーをしないほうがいいかも?なんて思うかもしれません。ブラジャー自体が消耗品ですし特別な時以外はそんなに高いものを買ってもいられませんよね。

ですがナイトブラには通常のブラジャーのような締めつけ感やきつさを感じることなく、快適なつけ心地でありながらバストの垂れや横流れを防いでくれる効果が期待できます。

特に寝ている時は無意識のうちにバストが横流れをしていることも多く、それがバストを小さくすること・形を崩れさせる原因となってしまうのです。寝ている時にブラジャーを付けバストを整えることにもメリットがたくさんあります。

バストのことを本当に考えるのであれば、ナイトブラを使って寝ている間も整えてあげるようにしましょうね。高いな…なんて思う時最初は1枚で毎日洗濯したっていいでしょう。ナイトブラのメーカーのなかには2枚買うと1枚プレゼントなどの嬉しい特典が付いてくるものもあります。こういった特典を参考にしながらナイトブラを選ぶ時の基準にしてみてはいかがでしょうか。